2021年11月12日金曜日

2022.1.1

元旦は チンドン屋さんで東京タワーのお仕事です。よかったら遊びにいらしてください。

詳細は後ほど!

2021年11月2日火曜日

3つの お知らせ

お知らせ①
地下BOOKSのnote
インタビューしていただきました
小野寺さんの質問力、、!

 https://note.com/hopeonodera/n/n68231f4af0bc


お知らせ②SPURで紹介していただきました



お知らせ③
un/baredで写真と文章を書いていただきました


2021.11.6 静岡

 てんのぱあてえ

2021年11月6日 土曜日

場所:島田市大井川河川敷広場(晴れ)

シリポッケ養蜂園(雨)

時間:昼から16時くらい

演奏:タオル、herpiano

T.V.NOT JANUARY、しいねはるか


チャージフリー。持込み、持ち寄り歓迎の河川敷でのイベントです。静岡たのしみ。

広い空たのしみ!




2021年10月15日金曜日

2021.10.17

久しぶりにホーンズと音を重ねます

Feelin’Fellows & Sign.

Sign.& Feelin’Fellows

at LIVE HAUS Shimokitazawa

2021.10.17(Sun)

Open Start 16:00

¥2,000 (+1Drink)


LIVE/

GORO GOLO (special set)

KONCOS

Dreamcast


DJ/

NZA

dj_tks

NAGATA

COOLG




2021年9月29日水曜日

2021.10.9 下北沢LiVE HAUS

未知を放つ、手にとっていただきありがとうございます。tonarinogofuzineお問い合わせも、ありがとうございます。9PARTY時に持参する予定です。


2021.10.09(Sat)    open start 17:00

DOOR ¥1,000 (No Drink)

at LiVE HAUS Shimokitazawa 

LIVE/

Hazy Sour Cherry

Hoach5000

抗 抜刀斎

しいねはるか

DJ/

Mizuki

Natsuki

ushi 

福田俊介

ろっきー

ホームページからの通販など更新せず、すみません。

今在庫があるものは、こちらの二枚のCDと、tonarinogofuzine19.20.21と、風邪の効用の読書記録のみです。CD、他は完売しました。ありがとうございます。

・tonarinogofuzinevol.1~14をまとめたもの+α

→未知を放つ‬

・vol.15-17→合本が数冊あります。地下BOOKSから通販していただけます。‬

・vol.18→地下BOOKSで未知を放つをお買い上げいただいた方への通販特典です。‬

‪https://basementbooks.stores.jp/‬

・vol.19-20→地下BOOKS通販特典分終了しました。


tonarinogofuzine

今のところ、‬CD通販特典、ライブ、物々交換etc..  持参しています。気になる方、お声がけください。


2021年6月30日水曜日

2021.6.26〜7.19 ブックユニオン新宿


『未知を放つ』刊行記念フェア

期間:6/26(土)〜7/19(祝)

会場:ディスクユニオン新宿中古館・ブックユニオン新宿

ブックユニオン新宿に、未知を放つコーナーを作っていただきました。滞在はしていませんが、楽しんでいただけるようにブックレビューを書きました。

地下BOOKS小野寺さん、ブックユニオン須藤さんと共に、未知を放つのテーマに関連していると感じた書籍を紹介しています。ブックレビューはTAKE  FREEです。それから、たまたま10枚だけ出てきたGORO GOLOのLPもあります。(これをデッドストックというらしい)

ディスクユニオンでお買い上げいただくと、特典で、録りおろしCD-Rがつきます。よかったら是非!

取扱い店舗一覧はこちらです

https://note.com/hopeonodera/n/n5931cfe319d4

2021年6月15日火曜日

2021.6.15 未知を放つ


 ライフワークで、tonarino gofuzine というzineを書いています。ライブのときに物々交換をするような ゆるいzineですが、それの1〜14号をまとめて一冊の本を作りました。


2019年に開催された本のイベント、FRANKLIN'S BOOK CLUBでBGMを弾いたことがキッカケで、今回は小野寺伝助さんのレーベル、地下BOOKSから出版することになりました。

( イベントについてはこちら。
https://note.com/franklinsbc/n/n9d3aedbc8407 )

小野寺さんは、クソみたいな世界を生き抜くためのパンク的読書、というZINEを出しています。2019年に話したとき「ゆくゆくは、ZINEが売れたお金で地下にうもれている人を地上に放ちたい」と話していました。そして、、!

小野寺さんがそのようなことをするのは初。小野寺さんの妻が編集をして、それも初。わたしも本を書くのは初。みんな初めての試みに手探りでした。

2019年末に始動し、2020年のはじめには書き終えたものの、何かを話し合いながら決めていくことだったり、タイトルを決めることだったり、校正だったり高い山を登り続け、やっと完成!

たくさんの人に伝えるために、こうやって見せてみませんか?と、目次を提案してもらったり (わたしには思いつかないような目次。脇汗とか   笑) 参考文献の引用を調べてもらったり、こんなことまで 1人ではできなかったなと、ありがたいきもちです。表紙の渡邉知樹さんとのやりとりも面白かったです。すてきな絵をありがとう。

今までは話し合いや対話に苦手意識があったけれど、作品をつくるやりとりの全ては未知の扉を開く体験でした。

こんなことを言っても伝わらないから、伝えることをやめよう。と思いすぎず、伝わるように伝えるにはどうしたらいいかな?どんなふうに聞いたら話しやすいかな?と考える時間はとても豊かな時間でした。これからも楽しく、工夫しながら暮らしていきたいです。

詳細&通販はこちら!